人気ブログランキング |

魂との対話


by ニックネームなどありません

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フォロー中のブログ

検索

以前の記事

2011年 04月

タグ

(4)

最新の記事

南三陸町志津川
at 2011-04-14 20:35

カテゴリ

全体
子供
写真館
写真
サッカー
人生
家族
仕事
生活
健康
旅行
自然
読書
食事
ブログ
エッセイ
音楽
震災
ダイアローグ
日記

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

南三陸町志津川

志津川も市街地は完全に壊滅している。陸前高田の方が市街地が狭い分迫力がある。
志津川の場合、壊滅している範囲があまりに広いためかえって非現実のように見えてくる。
目の前にすると津波の被害とは信じられない。どうみても絨毯爆撃にあったとしか見えない。
各被災地を実際に見て来てどう思ったかなどについては夜半に書こうと思う。

この写真に写っているのは市街地の一部。画角の右にも左にも同じ光景が広がっている。
(追記)念のために書き足しますが、ここは海岸ではなく市街地です。
a0157107_20282263.jpg

頑丈な鉄筋コンクリートの建物がわずかに残っているが近くで見ると建物の中は壊滅している。。
a0157107_20285939.jpg

志津川では写真を撮る気になれなくなっていた。車窓の外にはこういう光景が続く。
a0157107_20295381.jpg

かなり頑丈な建物でも骨組みしか残っていないケースは多い。瓦礫処理が進んでいる場所。
(追記)この建物は南三陸町の防災対策庁舎だそうです。
津の際、町長初め30人ほどが屋上に避難したそうですが、20人ほどは流されてしまったとのこと。
a0157107_20311147.jpg

市街地の比較的山側よりに位置していると思われるドラックストア。アップにするとすごい。
a0157107_20321121.jpg

(本ブログに掲載している横位置の写真はクリックすると拡大します)
# by okuribito-y | 2011-04-14 20:35 | 震災

気仙沼

おはようございます。あまりに多数の訪問者に驚いています。
まだ自宅に戻っていません。出先から取り急ぎ気仙沼の写真を少しアップします。
帰宅後日曜日までスケジュールが沢山あるため、文章での報告は週明けになりそうです。

1枚1枚の写真では、被災地の悲惨さをとても伝えることができません。
なぜならば、街が全滅しているからです。広い範囲で写すとがれきの野原でこれまた伝わらない。
「やはり自分の目で見ないとすべきことがわからないのか?」というような問い合わせを
いただいております。それについては今晩夜半にでもご返答さし上げます。
a0157107_9182889.jpg

a0157107_9202763.jpg

a0157107_9194330.jpg

a0157107_92045100.jpg

a0157107_92151.jpg

# by okuribito-y | 2011-04-14 09:21 | 震災

陸前高田市

すでにネット・雑誌・テレビなどで沢山の写真や映像を見ていることと思う。
そういう写真は、とりわけ衝撃的な所を撮っているのでこれらの写真には驚かないだろう。
実際、写真などでは被災地の悲惨さを伝えることは出来ない。自分の目で見るしか無いだろう。

これから被災地支援活動に取り組むにあたって、各被災地を自分の目で見て歩いた。
様々な被災地の話が出た際、実際そこを自分の目で見て知っているかいないかは、
その被災地の人々の声を聞くにあたって大きく異なることは明確なのでこの目で見て歩いた。

陸前高田市役所。
a0157107_011288.jpg

これも市街地。なんの建物であったかは不明。
a0157107_0131980.jpg

この写真も市街地で撮ったもの。
a0157107_0163276.jpg

海からおよそ4kmほど山側の場所がここまで壊滅している。
a0157107_017630.jpg

上の写真の更に少し山側の鉄橋。コンクリの橋脚が倒れている。海からおよそ5kmです。
a0157107_19514748.jpg

# by okuribito-y | 2011-04-14 00:21 | 震災

南相馬市社会協議福祉会災害ボランティアセンター

本日、南相馬市社会協議福祉会災害ボランティアセンターに支援物資をお届けして来ました。
東北道の二本松ICから計画的避難地域に指定された飯舘村を通って行ったのですが、
ボランティアセンターに着くまでは震災被害は目にしませんでした。
しかし、飯舘村でも南相馬市でも街を歩いている人を全く見かけませんでした。
被災者の方々の大半が屋内退避しているという現実をそういう形で知りました。
原発事故が地元の方々にとっていかに深刻であるかを痛感しました。

ボランティアセンターでは統括責任者の鴻巣さんから詳しいお話を伺いました。
また、年配の被災者のお一人の方からも切実な胸の内を聞かせて頂きました。
残念ながら、今晩ここでご報告することは出来ません。それほど難しい問題でした。

鴻巣さんのお話を聞いて、他の被災地にも足を運びこの目で見て、
被災者の方々やボランティアをされている方々のお話を聞く必要性を痛感しました。
被災地支援のあり方は、被災地ごとに違ったニーズがあることを切実に知らされたからです。
というわけで、急遽予定を変更し、明日は岩手・宮城の被災地を訪ねるつもりです。

とりあえず写真のみのご報告でお許し下さい。
a0157107_22213819.jpg

a0157107_22233921.jpg

わずかですが、野菜・調味料・レトルト食品・缶詰・菓子・日用品などをお届けしました。
a0157107_22242636.jpg

# by okuribito-y | 2011-04-12 22:25 | 震災